【人生に絶望】生きることに疲れた人に読んでほしい|辛いときだからこそ試す価値のある3つのこと

絶望した人間は強くなれるという記事のアイキャッチ画像
スポンサーリンク

Pocket

この記事に行き着いたあなたは、人生に絶望してしまい、苦しい思いをしていませんか?

  • 仕事で大きな失敗をしてしまい、無気力な状態
  • 大失恋をしてしまい、今後の人生に希望が持てない
  • 過去の出来事を後悔し、自分自身を攻めてしまう

上記以外にも、人それぞれ想像がつかないほどの理由があることでしょう。
いずれにせよ人生に絶望してしまうほどの心理状態、最悪な状態といっても過言ではありません。

実は筆者も過去に、人生に絶望してしまった経験があります。

あるきっかけで大切な人を失い、その後すぐに仕事をも失いました。
なんとか次の仕事を見つけるも、長時間労働が蔓延した職場で、人間関係も悪く早々に退職を決意。
なにをやっても上手くいかない時期が続き、僕の心は憔悴しきっていました。

しかし現在、状況は徐々に改善され、心理状態も少しずつ良くなっています。
そんな今では、絶望を感じることはほとんどなくなりました。

ではなぜ、人生のどん底であろう絶望状態から抜け出すことができたのか。
それは絶望がもたらす価値観の転換と、自分を救えるのは自分だけ、ということを知ることができたからです。

人間は「人生に絶望し生きることに疲れた」、そんな状況になって初めて自分と真剣に向き合うことができるのです。
このことを理解すると、今まで見ていた世界がまったく別物に変わります。

人生に絶望し、色々なことを諦めかけているあなた、今からでも遅くありません。
筆者を絶望の淵から救ってくれた”言葉・思考方法”をお伝えしていきますので、少しだけお付き合いください。

あなた自身が絶望しかけている人生に光を射すためにも。

 

スポンサーリンク

人生に絶望し心が疲れてしまう原因は?

仕事関係の問題

日本では就職や転職の失敗、失業、会社でのパワハラなど、仕事関係で問題を抱えている人たちが大勢います。
たまに目にするニュースでは、仕事での悩みから、自ら命を絶ってしまう人がいるほどです。

生きるための手段として働くことは必要です。
ただ、それがゆえに人生を左右する深刻な問題として抱え込んでしまう人が、人生に疲れてしまいます。

本来、自分の人生を豊かにするはずの仕事が自らを追い詰める。真面目な人ほど陥りやすい現象です。

 

人間関係の問題

友人や親族、職場といった自らが関わる人間関係において、何らかの問題が発生したときも人生に絶望してしまうことがあります。

何らかの問題とは自分がターゲットとなり、周囲の人間たちに責め立てられてしまうようなときです。
わかりやすく言えば「いじめ」のようなもの。

周囲が敵ばかりになってしまえば、その人たちと関わることが怖くなってしまいます。
ましてや「少し前までは仲良しだった」こんなことがあればなおさらです。

急に裏切られたことによる人間不信、精神的なダメージは人を絶望させてしまうには、十分な理由に値します。

 

金銭関係の問題

「世の中はお金だけじゃない!」
これは間違いではありませんが、正しくもありません。現実問題、「お金がないとできないこと」も多数存在します。

お金がないことによる生活の圧迫は精神疲労にも繋がります。
これも人を追い詰めてしまうには十分過ぎる理由です。

金銭関係での絶望は自分の懐事情だけではありません。
知人などとのお金の貸し借りでも生まれてしまいます。

「○百万円貸したら音信不通になった」

現実には、こんな嘘のような話も起こりうるため、人生に絶望してしまうこととお金との関係は密接にあります。

 

失恋

「大好きな恋人を急に失ってしまった・・・」

恋愛は人と人との感情で成り立つもの。
感情は永遠に変わらないとは限りません。
当然、失恋する可能性は誰にでもあります。

この失恋は男女ともの心に深い傷を負わせてきます。
相手のことを好きな気持ちが強いほど、幸せであればあるほど、失恋で負う傷は深くなるのです。

幸せな人生から真っ暗な人生に。
失恋によって人生に絶望してしまうことは、今幸せな人たちにも起こりうることです。

 

心身の不調

すでに身体的な問題、心の問題を抱えていれば、何かのきっかけで人生に絶望してしまうことがあるかもしれません。
仮にこれらの問題が慢性化してしまったとしたら、人生に希望が見いだせなくなることも無理ないでしょう。

問題を抱えている現状から、他人との比較ではネガティブに陥ってしまいます。
問題が解決できればいいのでしょうが、この手の問題は治るまでにかなりの時間を要します。

身体や心の問題から、人生に絶望してしまうことは非常に残念でありながら、仕方のないことなのかもしれません。

 

人生に絶望して生きることに疲れた人だからこそ学べることがある

絶望 人の器

失敗や過ちを認め、自らが受け入れることができた証である

絶望しているあなたは、自分の犯した失敗や過ちを認めて受け入れることができているということになります。
たとえ、「この失敗の原因は自分ではない!」と思っていたとしても、心の奥では自分に原因があることに気付いているのではないでしょうか?

もう一層のこと、すべての原因は自分にあることを認めましょう。
受け入れましょう。

そして、すべてを受け入れた自分を素直に褒めてあげましょう。

「とんでもない失敗を犯したことを、自分のせいだと認めることのできる器の大きい自分」だと。

それができたとき、あなたは『絶望できる能力』を持った強い人になれるのです。

 

自分自身と真剣に向き合うことができる

人は絶望したときに初めて、真剣に自分と向き合い対話をします。

思い返してください。
あなたが絶望する前、人生に不満がなく充実していた頃を。

今ほど真剣に自分のことを、自分の人生のことを考えたことがありましたか?
絶望して、落ち込んで初めて今ほど深く考えるようになったのではないですか?

そりゃあネガティブにもなりますが、こんなにも自分と向き合えるキッカケは中々巡ってきません。
絶望の先は真っ暗闇ですが、さらにその先は明るいのです。

ここで立ち止まってはいけません。もう少しだけ先に進んでみませんか?

 

絶望の原因を知ることができ、同じ失敗を繰り返さないようにできる

おそらく、絶望しているあなたは過去を振り返り、ある選択を後悔していることでしょう。

ですがちょっと待ってください。
そこで後悔していてもなにも生み出してくれません。
むしろ、さらなる負の感情を生み出してしまいます。

あなたが少しでも前に進む気があるのであれば、過去を振り返った際は、

「なぜ絶望してしまうような状況になってしまったのか?」

という根本的原因を突き止めてください。
もちろん、振り返ることで辛い記憶が蘇ることは百も承知です。

しかし、前述のとおり、あなたは自分の過ちを認め受け入れることができています。
それならこの際、今後同じことを繰り返さないようにとことん原因を突き止めてやりましょう。

せっかく経験した大失敗です。
貴重な経験です。

この貴重な経験から学び、繰り返さないようにすることがあなたが絶望から得ることができるポジティブなものです。

 

人生に絶望して生きることに疲れた人だけが得られるもの

ささいな幸福

新しい自分・本当の自分に出逢うことができる

「人はそう簡単には変わらない」

この言葉、聞いたことありませんか?
人間、変わろうと思っても結局そのときに思うだけで、本当に変わろうとする人はいません。

ですが、あなたは「簡単」ではない状況を経験しています。
初めて真剣に自分と向き合い、対話をしています。

するとどうでしょう?
おそらくあなたは感じているはずです。

行動、考え方、価値観・・・

様々なものが変わっていることを。

仕事であれば、自分が本当にやりたい仕事とは?
お金であれば、自分が本当に必要とする使い方は?
異性関係であれば、理想の付き合い方は?

など、多くのことが頭を巡っているはずです。

そして、本当の自分を理解することで、今後の人生を自分らしく生きられるようになります。

これは絶望という経験がもたらしてくれる大きな転機であることを理解し、感謝しましょう。

 

絶望感による価値観の転換で、より多くの感謝・幸せを感じることができる

上で述べた価値観の変化は、あなたにより多くの感謝や幸せをもたらしてくれます。
これはどういうことか?

人生に絶望しどん底を経験すると、ささいな出来事にも感謝や幸せを感じるようになるということです。
これまでのなんとなくで生きていた人生、充実していた人生では自然の美しさなどに感動する機会は少なかったでしょう。

ここでいう自然とは、観光名所になるような大々的な場所ではありません。
道端に咲く一輪の花などです。

絶望を経験すると、ちょっとしたことにも感謝・幸せを感じられるようになります。
ほかにも美味しい物を食べたとき、笑えるような出来事があったとき。

人生にはささいな幸福がたくさんあります。
普段は誰しもが気付かないだけです。

ただし、卑屈なままでは幸福は見つけることができません。
素直な気持ちで目に入る美しいものに感謝しましょう。
そして幸せを感じましょう。

 

人生に絶望して生きることに疲れた人が心得るべきこと

新しい自分に出逢う

すべて放り出してもいい

それは「すべてを放り出しても人生はなんとかなる」ということ。
あなたが「やらなければいけない!」と思っていることは、単なる思い込みに過ぎません。

仕事や学校、家事、育児などはあなたの「やるべきこと」かもしれません。
ですが、「必ずしもやらなければいけないこと」ではありません。

もし、なにか特定のことで人生に行き詰まっているのなら、一度すべてを放り出してもいいのです。

たとえそうしたとしても、人生はなんとかなります。実際に筆者はそうやって生きてきました。

 

あなたは決して1人じゃない

周囲にはあなたのことを大事に思ってくれる人がいます。
嫌なことで頭を埋め尽くされ、そんな人の存在を忘れてしまってはいませんか?

たとえ「自分は1人だ」と思う人がいたとしても、必ず味方はいます。
親や兄弟、友人、同僚などあなたを想ってくれる人はいるのです。

もし絶望感から生きることに疲れたとしたら、そんな味方を頼りましょう。
弱音を吐きましょう。

「弱音は吐いちゃいけない」
「恥ずかしいところは見せられない」

そんな肩ひじ張って生きなくていいんですよ。
あなたを想ってくれる人には、ありのままの自分をさらけ出してみましょう。

するとあら不思議。心がスッキリと軽くなっているはずです。

 

それでも人生に絶望してしまうときに試す価値のある3つのこと

専門医に相談する

どうしても気力が湧かない、そうなれば専門医の力を借りましょう。

こんな時代です。
精神的に参っている人は想像以上に多く存在します。
それが自分でも後ろめたい気持ちを抱く必要はないんです。

ここは思い切って、過度なストレスから絶望してしまう思いを正直に打ち明けてみましょう。
相手はプロの専門医。的確なカウンセリングで、あなたの心の枷を外してくれることでしょう。

 

メンタルサプリを飲む

飲むだけで気持ちを落ち着かせてくれる・穏やかにしてくれるサプリがあります。
メンタルヘルスサプリと呼ばれているものです。

あまり知られていませんが、気分の沈みやイライラなどの深刻なメンタルの不調に力を発揮してくれるサプリです。

「そんなものが効くはずない」
そう思っていませんか?

実は筆者もそんな風に疑っていました。
がしかし、どうしても辛いときにわらにもすがる思いで試してみたところ、本当に気持ちが落ち着いたんです。
自分でも嘘のような効果に驚いてしまいました。

さらにこれらのサプリは天然成分配合で、極力身体に負担が掛からないように作られています。
特許も取得している商品は国内外問わずリピーターも多いとのこと。

騙されたと思って試してみてはいかがでしょうか?
きっと気分が晴れて心持ちが明るくなるはずです。

>>ストレスで辛い心の不調と決別!100%天然成分のメンタルサプリ『ヌーススピリッツ』4つのメリット

気を楽にしてくれる本を読む

筆者が人生に行き詰まったとき、心理カウンセラーの心屋仁之助さんの著書を読み、心が楽になりました。
メッセージ集のようなもので非常に読みやすく、おすすめです。

人生に絶望し、自分の向き合ったあとはとにかく心を楽にしてあげてください。
これは筆者である僕からあなたへのお願いです。

 

「人生に絶望して生きることに疲れた」としても大丈夫!あなたを救えるのはあなた自身

自分と向き合う

最後になりますが、今回もっともお伝えしたいことは「自分を救えるのは自分だけ」ということ。
これまで書いてきた内容も、すべて自分の心次第です。


あなたの周りには、あなたを救おうとしてくれる人がいるかもしれません。
優しい言葉や行動で手を差し伸べてくれるかもしれません。
ただ、どれだけ良い環境に恵まれても、自分自身の心がネガティブなままでは絶望から抜け出せません。

この記事を読んでくださったあなたが、「絶望しても長い人生ためになることがある」と捉えて、ポジティブになってくださることを願っています。

たとえ絶望しても、自分の心さえ前を向いていれば人生なんとかなります。

絶望から抜け出した筆者は、絶望を感じたときの環境・状況からほとんど変わっていません。
変わったのは自分の心だけ。
筆者も人や本から知恵をもらい、支えてもらった人間です。

この記事があなたの支えとなることを願っておわりとさせていただきます。
お互いにいいことがありますように。

スポンサーリンク

絶望した人間は強くなれるという記事のアイキャッチ画像

ABOUTこの記事をかいた人

りょうむた(31) 福岡在住のオシャレ好き セールス/プログラマー/恋愛メディアwebライター 大手自動車メーカーに約4年→大手アパレルに約4年→大手電機メーカーGに約4年と謎に大手を渡り歩く。 その後、紆余曲折を経てプログラミングをやりながら、再び大手電機メーカーでセールスを担当することに。 ファッション・フットボールが大好き。 結婚願望ありで婚活スタート。 「まず自分が楽しむ」をモットーに思考・仕事・ファッション・恋愛ネタを中心に発信しています。