人生をやり直したい人が知っておくべき現実と考え方

人生をやり直したいと思っている人が知るべき現実と考え方
スポンサーリンク

Pocket

この記事では「人生をやり直したい」と思っている人に向けて、知っておいてほしい現実と考え方をまとめています。

「今の生活に満足していない」
「過去に心残りがある」

これらが原因で「人生をやり直せたら・・・」と思ったことはありませんか?
現状への不満や過去の後悔から、「あのとき○○していれば・・・」と思い馳せることは誰しも一度は経験があるはず。

ですが、誰もがみんな望むばかりで、実際に人生をやり直すために行動している人はほとんどいません。
みんなが行動しないことで、「人生をやり直したい」と思う人の数も減らないのです。

ではなぜ、「人生をやり直したい」と思いながらも、そのための行動をしない人がほとんどなのでしょうか。

それは心の中で「どうせやり直せない」「どうせ変われない」と端から諦めているからです
多くの人は「やり直したい」「変わりたい」と望みながらも、言い訳をして、今のままでいいと自分に言い聞かせているのです。

もしあなたが本気で「人生をやり直したい」「変わりたい」と思っているのなら、この記事に書いている現実を理解してください。
その上で、人生をやり直したい人が持つべき考え方を徹底すると、この先の人生に変化が訪れます。

先に結論をお伝えすると、あなたがやるべきことは「今このときに行動あるのみ」だということです。
過去には戻れなくとも、現在の行動を変えることで、この先の未来が変わってきます。

では、これから本記事内で「人生をやり直したい人が知っておくべき現実と考え方」をお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

人生をやり直したい人が知っておくべき現実

人生はやり直せない=過去は変えられない

いきなり矛盾したことを書いていますが、これには少し違った意味があります。
ここで述べている「人生はやり直せない」は、「これまでの人生や過去は変えられない」ということです。

「やり直す」というと、一度リセットするイメージがありますが、過去は過去として受け止める必要があります。
つまり、この記事内の「人生をやり直す」は、過去を受け入れた上で、今後の人生を改める意味であるとご理解ください。

 

過去は変えられないが、今は変えられる

繰り返しになりますが、どれだけ消し去りたい過去があっても、過去は変えられません。
たとえ後悔しても、過ぎてしまったことはやり直せないのです。

そのため、人生に迷ったときにやりがちな『過去を悔やむ』行為は、はっきり言って無駄です。
そんな無駄な時間を過ごすくらいなら、悔やんだ過去を糧にして、今後どう行動するのかを考えた方がマシです。

私たちが思考を元に行動し、その成果を得られるタイムゾーンというのは、”今このとき”に限ります。
過去でも未来でもありません。

そして“今このとき”の行動は、自分次第でいくらでも変えられます。
あなたが「人生をやり直したい」と強く思うのならば、過去に執着せず、未来を見据えて”今ことのき”の行動にフォーカスするべきです。

 

今が変われば、これからの未来が変わる

現在を適当に過ごす人と、未来を見据えて過ごす人とでは、未来の環境が大きく変わってきます。
前者は望まない環境に、逆に後者は望んだ環境になる可能性が高くなるでしょう。

  • 受験勉強をする ⇒ 志望校に受かる
  • 真剣に就活に臨む ⇒ 志望企業に内定
  • 資格勉強をする ⇒ 資格取得した後、専門職に
  • サッカーの練習をする ⇒ 上達して名門チーム(校)に入る

結局のところ、未来というのは”今このとき”の積み重ねでしかありません。
たまたまラッキーが起ころうが、それは行動をした上で起こった出来事なのです。

つまり「人生をやり直したい」と願っている人は、”今このとき”から行動を改めるしかありません。
ただがむしゃらに行動するのでもなく、「やり直したい」と思う先のビジョンを明確にし、そこに向けて注力することが大切です。

 

人生をやり直したいけど行動しない人の言い訳

「人生をやり直したい」人は、今とこれからの行動が大切だとお伝えしました。
ですが、それをわかった上でも行動しない人たちがいます。

ここではそんな行動しない人たちの言い訳を紹介していきますので、あなたには反面教師にしていただきたく思います。

不遇な環境

「仕事が忙しいから・・・」
「住まいが田舎だから・・」
「頭がよくないから・・・」

一部の例ですが、自分がいる環境を言い訳に行動しない人たちです。
これは、行動しないための理由を環境のせいにしているとも言えます。

確かに、人生において環境というのは大切です。
環境次第で、幸せにも不幸せにもなれます。

しかし、だからこそより良い環境というのは、自ら掴みにいくべきなのです。

  • 「仕事が忙しい」 ⇒ 忙しくならないよう調整する・忙しくない仕事に転職する
  • 「住まいが田舎」 ⇒ 都会に引っ越す・田舎でも可能な行動をする
  • 「頭が良くない」 ⇒ 勉強する・必要最低限の知識を得る

言い訳の理由も、少し考えれば解決法は浮かんできます。
結局は、「人生をやり直したい」気持ちが本気か否かで、行動は変わってくるのです。

 

年齢による制限

「俺もあと少し若かったらな~」

なんて言う人がいます。
こういう人は、実際に若かったとしても、なにも行動しません。
ましてや、あと少し若かったところで「もっと若ければ」と同じ言い訳をするでしょう。

なにかに挑戦するとき、年齢は大切な要素になります。
年齢制限があるものもあれば、単に若い方が有利というケースもあります。

ですが、年齢が理由で不可能とされることはほとんどありえません。
絶対的な年齢制限のルールが設けられている以外は、正直どうにでもなります。

最近メディアで拝見した『80歳のYouTuber』がまさにこれを体現していると思っています。
おそらく周囲の人たちに「無理だ」と批判される中、ご本人が行動されたからこそ、今の活躍があるはずです。

多くの人は年齢を理由に自分のやりたいことを諦めます。
それは年齢を理由にした方が、自分も周囲も納得しやすいからです。

けれども、「人生をやり直す」ことに年齢は関係ありません。
あなたが本気なのであれば、年齢なんて気にせず、今すぐ新しい行動を始めてください。

 

金銭問題

前述した『年齢』と同様に多くの人が使いがちな理由です。

「お金がないから○○ができない」
「あの人はお金があったから成功できた」

こうやってお金がないことを理由に行動しないことを正当化しようとします。
じゃあ、こういった人たちは、そのお金を手に入れるための努力はしたのでしょうか。

答えは「No」です。
結局、年齢と同じで行動しないための理由をお金のせいにしているだけなのです。

世の中において、お金はとても重要です。
お金があるのとないのとでは、取れる選択肢が大きく変わってきます。

もし、お金がなことを理由に挑戦を諦めるのであれば、まずはお金を得るための努力をしましょう。
今の時代、アルバイトやインターネットを使っての仕事は山ほどあります。

仮に人生をやり直したいのなら、そのお金を得るための行動が、新しい人生の1歩目になります。
そうやって、少しずつ新しい行動を起こしていけば、おのずと変化が訪れてきます。

 

適さないタイミング

「今は仕事が忙しい」
「まだ準備ができていない」

「今じゃない」とのタイミングを言い訳に、なかなか行動に移せない人たち。
逆に良いタイミングとは、いつになったらくるのでしょうか。

どの言い訳にも共通しますが、こういった人たちは結局のところ、今の生活を変えたくありません。
「人生をやり直したい」との思いはあっても、現状維持の楽さと変わることの大変さを比較し、楽な方を選択しているのです。

人生をやり直すのにベストなタイミングは、あなたが「変わりたい」と思ったそのときです。
「今じゃない」とダラダラしていても、時間が過ぎていくだけだということをお忘れなく。

 

人生をやり直したい人が持つべき考え方

“今”はこれからの人生における出発地点

年齢やタイミングなど、ウダウダ考える前に知っておいてほしいのは、『”今”が1番若くベストなタイミング』だということ。
そして、思い立ったときがこれからの人生の出発地点になります。

今が1番若いというのは、これからの人生においての話。
これまでの人生では1番年老いていても、この先の人生では、”今”が1番若いときです。

そうやって考えると、年齢やタイミングを理由にウダウダ考えるのはバカらしくなりませんか。
後になって行動しても、悩んだ分だけ時間は過ぎてしまっています。

このことを心得ておくと、”今このとき”に動く重要性が理解できるはずです。
「人生をやり直したい」という願いも、いち早い行動が肝になってきます。

 

人生を1日に換算する

人生を80年と仮定し、その80年を1日(24時間)に換算します。
筆者の場合、記事執筆時点が31歳なので、


24時間÷80年=1年あたり0.3時間
0.3時間×31歳=9.3時(9時18分)


という計算で、おおよそ9.3時だということになります。
9.3時だと、9時18分になりますね。

筆者でまだ午前9時ちょっとです。
たとえ40歳でも12時、50歳でも15時ですよ。
こう考えると、まだまだ人生先は長い!と思えてきますよね。

実際に30歳、40歳でも遅すぎるなんてことはありません。
当然50歳でもそれ以上でも、挑戦ややり直しはできます。

記事内で何度も繰り返しているように、悩む時間がロスになります。
考える時間は必要ですが、必要以上に悩むことなく、素早く行動に移すことが大切です。

 

一発逆転は起こりえない

宝くじやギャンブルなどで一発逆転を狙う人は少なくありません。
しかし、これは完全な運任せであり、かつ可能性が微々たるものであるため、非現実的です。

そもそも、誰もが安易に思い付く方法での逆転劇なんてそう起きるはずがありません。
宝くじやギャンブルの収益性を考えると、多数が損をするのは明らかです。

もちろん、この話は上記以外のあらゆる方法にも当てはまります。
「人生をやり直したい」と願うのなら、運任せの行動ではなく、先を見据えた現実的な行動をとるべきです。

あなただけが特別な存在ではありません。
人類はみな平等、ゆえにあなただけに特別な出来事が起こるはずもありえません。

今の生活を変えたいのであれば、それ相応の努力と行動を心がけましょう。

 

今の思考はこれまで積み重ねた結果である

『人生をやり直す』との話題になると、必ず過去を悔やむ人が出てきます。
「あのとき○○していれば・・・」といった、いわゆる後悔たるものです。

これに関しては、過去は変えられないが、今は変えられるのパートで述べたとおり、無意味な思考です。
過去は変えられない以上、その過去を悔やんでも、なにもいいことはありません。

ですが、その悔やんだ過去も、今のあなたの礎になっていることは紛れもない事実です。
なぜならば、今あなたがやり直したいと思っている人生も、これまでの経験が導いた答えだからです。
そして具体的にやりたいことがあるのであれば、それも過去の経験から得たものあることでしょう。

どれだけ後悔することがあっても、決してこれまでの人生を無駄だと思わないでください。
どんな経験であれ、きっと何かのヒントになっているはず。
そういった過去の積み重ねで今のあなたがあることを忘れないでください。

 

人生をやり直したくてもやり直せない人の特徴

同じことをやって違う結果を望んでいる

いつもと同じことをこなしていては、違った結果が返ってくることはありえません。
今の生活に不満があり、人生をやり直したいと思うのなら、それ相応の行動をとらないといけません。

いつもと違う結果や生活を求めるのなら、いつもと違う行動、新しい行動をとりましょう。
新しいことに取り組めば、当然新しい結果が生まれるのです。

なんとなく毎日を過ごしていても、なんの変化も訪れません。
単なる願い人にならないためにも、描く理想や求める結果に繋がる行動を心がけましょう。

 

「〜たら」「〜れば」ばかりで行動しない

要は言い訳をする人です。
行動しない自分を正当化するために、ありとあらゆる言い訳を口にします。

この手のタイプは、自分が行動しないだけでなく、他人の行動にも口を出してきます。
他人をも否定することで、今の自分の立場を守り、現状維持に徹するのです。

表面では「人生やり直したい」とは言っても、内心は今の自分に満足しています。
もしあなたの周りにこのタイプがいるのなら、程よい距離感をとるようにしてください。

 

勝手に諦めている

まだチャレンジすらもしていないのに、勝手に諦めてしまうタイプ。
根拠のないネガティブ思考で、自分の思いにも蓋をしてしまいます。

とくに真面目なタイプに多い傾向です。
真面目すぎるがゆえに考えすぎてしまい、「自分には無理だ」と勝手に結論づけてしまいます。

こういった人にできるアドバイスは、「思考はほどほどにとりあえず行動してみる!」です。
実際に行動に移すと、考えてもみなかったことが起こったりします。

逆に、行動もせずに諦めるのは勿体ないことです。
実際に取り組んでみてダメであれば、諦めて結構。
上手くいったらラッキー的な感じで、とにかく行動してみましょう。

 

人生をやり直したいなら行動あるのみ

この記事で伝えたいことを簡潔に表すと、以下のとおりです。

「過去に囚われることなく、今このときから行動に移そう!」

人生をやり直したいのであれば、過去を礎に目指すべき未来に向け行動あるのみです。
行動した人にだけ、人生を変えるチャンスがあります。

辛い現況にも決して屈せず、できることから取り組んでいきましょう。
そうすれば、少しずつ人生が変わってきます。

行動は思考を変えます。
思考はあなたの人生を変えてくれます。
そして最後に、あなたの人生に幸あることを。

スポンサーリンク

人生をやり直したいと思っている人が知るべき現実と考え方

ABOUTこの記事をかいた人

りょうむた(31) 福岡在住のオシャレ好き セールス/プログラマー/恋愛メディアwebライター 大手自動車メーカーに約4年→大手アパレルに約4年→大手電機メーカーGに約4年と謎に大手を渡り歩く。 その後、紆余曲折を経てプログラミングをやりながら、再び大手電機メーカーでセールスを担当することに。 ファッション・フットボールが大好き。 結婚願望ありで婚活スタート。 「まず自分が楽しむ」をモットーに思考・仕事・ファッション・恋愛ネタを中心に発信しています。