人生がつまらない原因は自分にある?人生を楽しむ5つのメソッド

「人生がつまらない」は自分次第で解消できる
スポンサーリンク

Pocket

「毎日がつまらない・・・」
「楽しいことが何一つない・・・」

この記事は、そんな「人生がつまらない」と感じている人に向けて書いています。

ある程度、生活サイクルが固まっているあなたは「人生がつまらない」と感じているのではないでしょうか?

明日もそのまた次の日も、もっと言えば来月、半年先まで想像できてしまう日々。
先が見えてしまうと、人生自体がつまらなく思えてきますよね。

筆者も20代のころは、仕事ばかりの平日と疲れをとる休日の繰り返し。
ほぼ決まった生活サイクルを繰り返す中、心底「人生がつまらない」と思っていました。

ですが、その「人生がつまらない」の根本的原因は自分自身にあるのかもしれません。
この記事に書いている『人生がつまらないと感じる理由』を読んで、『人生を楽しむ5つのメソッド』を実践するだけで、あなたの人生も好転します。

先に結論をお伝えすると、決まった生活サイクルに変化を与えることが大切です。
実はあなたが人生をつまらないと感じている1番の理由は『毎日が同じことの繰り返し』にあるからです。

本記事では、筆者流の人生を楽しくする5つのメソッドを詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

人生がつまらないと感じる理由

同じことを繰り返すだけになっているから


平日は会社と家の往復。
仕事もつまらないし、遅くまで働いて帰る毎日。
家に帰っても結局寝るだけ。

やっと休日がきたかと思えば、仕事の疲れで昼過ぎまで眠ってしまう。
起きたところで頭がボーッとして、なにもせずに終える日曜日。
するとまた月曜日を迎え、1週間の仕事が始まる。


上記のように決まったことを繰り返すだけの日々。
これでは人生自体がつまらなく思えて当然です。

変化なく先のことが想像できてしまうと、刺激や変化がありません。
ましてや今の生活サイクルに不満を持っているとしたら尚更です。

この状態が続くと「人生なんてつまらない」と、すべてを悲観的に考えるようになってしまいます。

 

嫌だとわかっていることを続けている

「仕事が嫌だけど、お金のために仕方なく続けている」
「苦手な人との付き合いも、仕事だから避けられない」
「嫌いな勉強も親に言われて続けている」

嫌なことをやって楽しく感じる人なんて、いるはずがありません。

仮にいるとすれば、その我慢の先に望むものがあるとわかっているケース。
一般的には、なにか理由があったとしても、嫌なことを行うのは苦しい上につまらないはずです。

しかし、世の中には嫌だとわかりきっていることを続ける人が大勢います。
前述したような理由で、続けなければいけないと思い込んでいる人たちです。

ここで深くは踏み入れませんが、嫌なことを続けていれば「人生がつまらない」となるのも仕方のないことでしょう。

 

そもそも楽しもうとしていない

「〜したって無駄・・・」
「どうせつまらない・・・」

端から否定的に考え、自分で物事をつまらなくしているケース。
自ら思い込むことで、脳が「つまらないもの」と錯覚を起こしているのです。

人間の感情は、脳の状態によって左右されます。
脳がインプットした情報をもとに感情が作り出されるイメージです。

つまり、自らの思い込みで脳に「つまらない」とインプットさせてしまえば、自分の感情は「つまらない」となってしまうわけです。
そのため、自分自身が楽しもうとしていなければ、人生はつまらない方向に傾いていくのです。

 

自分の意志で生きていない

今歩んでいる人生は、あなたの意志で選んだものですか?

「世間体が良いから」
「親に言われたから」
といった理由で決めたものではありませんか?

仮に他者の意見や評価で選んでいるのだとしたら、そこに自分の意志はありません。
自分の意志がない人生は、ちょっとしたことでグラつきます。

たとえば予期しない出来事が起こったとき、「こんなはずじゃなかった…」「どうして自分だけがこんな目に…」と捉えてしまいます。
自分の意志がないことで、自分事として捉えることができず、他責にしてしまうのです。

これでは自分の人生を他人に預けているのと一緒のこと。
他人に操られる人生なんて、つまらなくて当然ですよね。

 

人生がつまらないを変える!人生を楽しむ5つのメソッド

知識を増やす

誰しもが自分が持っている知識の中で生きています。
わかりやすく言うと、知っていることの中から必要な選択をして人生を歩んでいるということ。
逆に言えば、知らないことは選択できません。

知識が増えると、選択肢も増えます。
知らないことを知れば知るほど、人生の選択肢が増えていくのです。

選択肢が増えれば、今のつまらない人生に変化をつけることができるようになります。
多くの情報に触れて、知識を増やす・知らないことを知れる環境を作っていきましょう。

 

行動量を増やす

知識が増えても、行動に移せなければ意味がありません。
行動してはじめて、人生に刺激を与えることができます。

なので新しい知識を身につけたら、とにかく行動してみること。
知識が増えた分だけ、行動量を増やしていくのです。

行動量が増えたら、そこからまた新しい知識を得ることも出てきます。
行動することで得るものは、あなたの人生に大きな変化を与えてくれることでしょう。

 

新しいことを体験する

新しい体験は、新たな発見を生みます。

たとえば筆者が好きなフットサルの例。
20代後半ではじめてフットサルを経験したとき、下記の発見がありました。

「フットサルは楽しい」
「サッカーよりもフットサルが得意」
「福岡はフットサル人口が多い」
「女性との出会いもある」

これらは実際に体験したからこそ、知ることができた情報です。
新たな発見は、貴重な情報となり、今後の人生設計に役立てることができます。

筆者はフットサルを初めて体験して以来、定期的に参加する趣味としています。
あたなも新しい体験をすることで、新たな趣味や好きなことに出会えるかもしれません。

もし、今現在気になっていることがあるのなら、ぜひ1度実際に体験してみてください。
新たな趣味や好きなことはもちろん、新しい体験をするだけでも、あなたの人生の視野は広がるはずです。

 

環境を変える

今いる環境に不満がある場合は、環境を変えることをおすすめします。
人によっては「環境に適応することが大事」と説いてきたりもしますが、これは現実的ではありません。

人にはそれぞれ、絶対的に合わない人や環境というのが存在します。
無理に順応しようとしたところで、ストレスになり心身の不調を招くだけです。

ただでさえ「人生がつまらない」と感じている状況なのですから、今の環境が合っていない自覚もあることでしょう。
であれば、思い切って環境を変えてしまう方が、人生にいい変化を及ぼせるはずです。

 

自分の意志を優先する

前述したように、人の評価を気にしながら生きる人生は、自分の人生を生きているとはいえません。
人に操られた人生であり、そこに自分の意志は存在していないのです。

つまらない人生から抜け出したいのなら、今一度自分の意志を優先させることを考えましょう。

「人生がつまらない」
「毎日が退屈」

このように感じている人は、自分のやりたいことをやっていない人です。
やりたいことをやっている人は人生を楽しく感じているはずですし、毎日が退屈なんて思うはずありません。

世間の評価や周囲の目ばかり気にしてきたあなたも、自分の人生を生きる権利はあります。
なにより、人生を楽しく謳歌するためにも、自分の気持ちに素直になり、思うままに行動してみましょう。

 

人生がつまらないを変える、楽しむための5つの具体案

読書をする

ジャンルは問いません。
読書は手軽に知識を得ることができる優秀なツールです。

たまに「読書は苦手」という方がいますが、正直もったいないと感じます。

本は、各界の偉人やある専門分野に秀でた人たちの知識の宝庫です。
読書をすることで、過去のそういった方々の知識に簡単にアクセスすることができます。

今では電子書籍も豊富で、タブレットやスマホ1つでどこでも読書が可能。
国内最大級の電子書籍ストア『honto電子書籍ストア!』を利用すれば、読めない本はないでしょう。

自分の知らないことを学べば、人生により良い刺激を与えられます。
スキマ時間などを利用して、少しずつ進められる点も嬉しいですよね。

 

勉強をする

前述した読書同様に新しい知識を得るに適した手段です。
社会人として働きだしてから、勉強をしている人は少ないのではないでしょうか?

勉強する内容はなんでも構いません。
強いて言うならば、自分が興味・関心があるものがいいでしょう。

「仕事関連のことを学ぶ」
「興味のある新しいことを勉強する」
「関心のある資格勉強をする」

どれも素晴らしいですよね。
ちなみに、資格勉強をするなら【オンスク.JP】がおすすめ。
低価格で利用ができ、スマホやタブレットを使って資格勉強をすることができます。

>>オンスク.jpで資格勉強を効率的に!隙間時間で学べるオンライン学習サービスを解説

新しいことを学べば、人生の視野が広がります。
それだけでも日ごろの景色が変わって見えることでしょう。

さらには、「勉強をする」という行動自体が自分の人生に変化をつけてくれます。
新しい知識を学べる上に、これまでの退屈な人生に変化をつけてくれる。
大人になってからの勉強というのは、意外にも新鮮でいいものです。

 

旅行をする

旅行では新しい体験をすることができます。

「初めての観光地」
「初めて名産品」
「初めてのテーマパーク」など。

初めて行うことすべてが新しい体験であり、貴重な経験です。
こういった貴重な経験も、あなたに新しい価値観をもたらしてくれます。

旅行先が普段は行かないような場所なら、旅行の時間すべてが刺激的なものになることでしょう。
また、旅行自体が非日常的でもあるため、「人生がつまらない」と思ってしまうメンタルへの良いリフレッシュ効果も期待できます。

「旅行は疲れるから嫌い」

そんな人もいるかと思います。
かくいう筆者も過去はそのタイプでした。
しかし、いざ旅行に出かけると、どんな場所でも楽しむことができます。

まずは「楽しもう」と臨むことが大切です。
すると旅行が楽しく感じる上、初めての体験で退屈な人生に刺激を与えてくれることでしょう。

 

恋愛をする

個人的には恋愛ほど人生に変化をもたらしてくれるものはないと思っています。
それだけ「恋愛をする」ということは偉大であり、人生のターニングポイントにもなりえます。

とはいえ、「好きな人がいない」という人も多いかもしれません。
それならば、まずは多くの人に出会うこと。
出会いを広げるアクションを起こしましょう。

異性に限らず出会いが増えれば、自然と新しい異性でも知り合います。
そうやって新しい人に出会っていく中で、ピンッときた人が現れたときに恋愛感情を持てればいいのです。

恋愛感情を持ちさえすれば、今までつまらないと思っていた人生も楽しくなるはず。
少なくとも、筆者は恋愛のおかげで楽しい人生が送れています。

もし、どうしても「出会いがない!」、「異性と出会うことができない!」と悩んでいるのであれば、マッチングアプリを利用するのも1つの手です。
ちなみに、筆者は今の彼女と【Pairs】というマッチングアプリで出会いました。

昔の出会い系サイトのイメージで、マッチングアプリを似たものと感じ、苦手とする人も多いかもしれません。
ですが、最近のマッチングアプリは、真剣に出会いを求めている男女の利用がほとんどです。

食わず嫌い的に勝手なイメージで利用を拒んでいるのだとしたら、正直もったいないと思います。
簡単な無料登録から利用することができますので、一度騙されたと思って利用してみてください。
それで素敵なパートナーに出会えたとしてらラッキーですよね(笑)

 

転職をする

1日の中で起きている8割くらいの時間は仕事をしているのではないでしょうか?
その仕事が原因で人生をつまらないと思っているのなら、思い切って転職をしてみるのもいいかもしれません。

もちろん、必ず良い職場に行けるという保証はないので、多少のリスクはあります。
ですが、行動をしなければ、今の状況を変えられないことも事実です。

「どうしても今の仕事が嫌い」
「職場の人間関係がしんどい」
「やってみたい仕事がある」

上記いずれかが当てはまる場合は、転職を視野に入れた行動をおすすめします。
いきなり「今すぐに転職を!」はリスクがあるの、まずは転職に向けた準備をしておきましょう。

今や転職サービスは豊富で、転職サイトに登録しておくだけで、企業側からオファーが来る便利なものあります。
その中でもMIIDAS(ミイダス)という転職サービスは、ユニークな機能も多くおすすめ。
詳しくは以下記事をご覧いただければ、MIIDAS(ミイダス)探す転職から探される転職へ!の魅力がわかっていただけることと思います。

>>MIIDAS(ミイダス)の評判を徹底検証|利用して感じた転職サービスのメリット・デメリット

転職はあなたの人生を大きく変えてくれます。
あなたが今の人生に満足していないのだとしたら、転職も視野に入れ、行動を始めてみてください。

 

人生がつまらないなら、楽しむために自分が変わろう

「人生がつまらない・・・」という状態はずっと続くわけではありません。
あなたの行動次第で、すぐにでも解消することが可能です。

本記事内では

  • 人生がつまらなく感じる理由
  • 人生がつまらないを解消するメソッド

を解説しました。

ここまで読んでくださったのなら、自分が変わることの大切さをわかっていただけたはずです。
裏を返すと、あなたが変わろうとしなければ、今の退屈な状況がこの先も続くことでしょう。

あなたの人生が充実しますよう、本記事が少しでもお役立ちできることを願っています。

スポンサーリンク

「人生がつまらない」は自分次第で解消できる

ABOUTこの記事をかいた人

りょうむた(31) 福岡在住のオシャレ好き セールス/プログラマー/恋愛メディアwebライター 大手自動車メーカーに約4年→大手アパレルに約4年→大手電機メーカーGに約4年と謎に大手を渡り歩く。 その後、紆余曲折を経てプログラミングをやりながら、再び大手電機メーカーでセールスを担当することに。 ファッション・フットボールが大好き。 結婚願望ありで婚活スタート。 「まず自分が楽しむ」をモットーに思考・仕事・ファッション・恋愛ネタを中心に発信しています。