社会人フットサルチームを作ろう!!実際にフットサルチームを作った僕が教える簡単な社会人チームの作り方

フットサルチームを作る方法の画像
スポンサーリンク

Pocket

どうも。現役フットサルチームのキャプテン、りょうむた(@a_ryo_muta)です。

先に知っておいてほしいこと

本記事はあくまで社会人サークル的なフットサルチームを指しています(県リーグなどに参加のガチ勢は含みません)

あなたはフットサルをやっている中で、

「もっと〇〇なチームにしたい!」「〇〇なチームに入りたい!」とチームへの願望を感じたことはありませんか?

僕はずっと感じていました。

以前は男女ミックスのチームや、男性だけでもエンジョイ思考のチームに参加していたため、自分の希望するプレーができていませんでした。

りょうむた
あ、僕はどちらかというと競技志向でやりたいタイプ。

そういった思いから他のチームを探していたのですが、なかなか希望に合うチームが見つからず・・・

そんなとき思い付いたことは

りょうむた
自分で新しいチーム作ったらええやん!

という単純なこと。

結果、自分の希望していたプレースタイルのチームを作ることができました。

さらにはとても楽しいメンバーにも恵まれ、以前にも増してフットサルをすることが楽しくなりました。

あのとき、新しいチームを作るためのアクションを起こして本当によかったと感じています。

もしあなたが今のフットサルチームに不満や願望があるのなら、自分で新しいチームを作ることも1つの手です。

インターネットが普及した現代、新しくフットサルチームを作ることなんて意外と簡単にできますから。

「新しくチームを作りたいけど、作り方がわからない」

というあなた、安心してください。

本記事ではそんなあなたに向けて、簡単なフットサルチームの作り方をお伝えしていきます。

りょうむた
チームを作る上での注意点もお伝えしていきます。
フットサル初心者に始め方を教える記事のアイキャッチ画像

社会人でフットサルを始めたい!初心者向けフットサルの始め方

2018年7月13日

 

スポンサーリンク

社会人フットサルチームを作るための3ステップ

サッカーゴールの先に見える芝生

まずは大まかなチームの作り方です。

  1. どんなチームを作るのか決める
  2. メンバーを集める
  3. 実際に活動する

この3つのステップを行うだけです。簡単ですね。

では順番に解説していきます。

 

どんなチームを作るのか決める

サッカーをする2人

抽象的な表現ですが、フットサルチームを作る上で肝となる部分です。

ゆえにとても大事なこと。

ここをきちんと定めておかないと、後々トラブルの元になります。

では、一言作りたいチームといっても、具体的にはどのようなことを決めればよいのでしょうか?

僕の答えは次のとおりです。

フットサルチームを作る上で決めておきたいこと
  • メンバー構成 = 性別や年齢の構成
  • 主な活動場所
  • 主な活動日時
  • チームレベル
  • チームコンセプト = エンジョイ思考or競技思考など

これらを決めておくと、次に必要となるメンバー集めも効率よく進みます。

 

メンバーを集める

少年サッカーチーム

フットサルは1人ではできません。

最低でも2チームで10人、なので1チーム5人は必要です。

自分のチームだけで活動しようと思ったら、自分のチームだけで10人のメンバーが必要ですね。

ではそのメンバー集めはどのようにすればいいのか。

僕が実際に行った方法をお伝えします。

りょうむた
僕のチームはいまや20人となりました。

 

友人や知人を伝って集める

方法としては1番実行しやすいのではないでしょうか。

友人や知人であれば、直接話しをすることも容易ですからね。

僕の場合は3人くらい、この方法で集めました。

しかし、実際にあなたの周囲の人がフットサルチームに入ってくれるかといったら別の話。

サッカーやフットサルに興味がないことには、チームに入ってもらえる可能性はほとんどないでしょう。

サッカーやフットサルに興味のある人があなたの周囲にどれだけいるか?

そこが1つターニングポイントになってきますね。

りょうむた
友達はすぐ来なくなったけどね。

 

インターネットで募集する

現代における最強ツールといっても過言ではありませんね。

それだけインターネットの情報拡散力は、他ツールと比べ郡を抜いています。

さて、インターネットでフットサルメンバーを集めようと思ったら最適なスポーツサイトが2つ存在します。

それはLaBOLA』と『スポーツやろうよ!というサイトです。

これらは各種スポーツ関連の募集をすることができるサイトです。

メンバー募集はもちろんのこと、対戦相手や1日限りの助っ人募集など、さまざまな募集が可能です。

SNSを使うのもいいですが、『LaBOLA』と『スポーツやろうよ!』を使うほうが効率よくメンバー募集ができるはずです。

(※最近発見した『fcjapan』も良さげなサイトです)

りょうむた
僕のチームはほとんどネットで集まった。

 

フットサル場でスカウトする

個サル(個人参加型フットサル)などに行った際に使った手です。

気軽に声をかけてみたら、案外いけたりもします。

ただ、気をつけないといけないのは、あなたの求めるメンバー像にマッチしているかということ。

1度参加した個サルなどで出会った場合、その人のことはほとんど知らない状態にあります。

誘ってチームに入ってもらったのはいいものの、チームコンセプトに外れるような人であれば、チームの雰囲気を壊しかねないですよね。

ここはしっかりと見極めてスカウトするようにしましょう。

りょうむた
何度も一緒になった人であれば安心できます。

 

しっかりとチームコンセプトに合ったメンバー集める

何度か「チームコンセプトに合ったメンバー」と書いてきましたが、僕の実体験からの注意点です。

コンセプトに合わない人がチームに入ってきたら、もう大変です。

プレーのことで小競り合いがあったり、チームの雰囲気が悪くなったりとフットサルが楽しくなくなります。

エンジョイ思考のチームにガツガツの競技思考の人が参加したら・・・

想像できますよね。

こうなってくると今まで楽しんで参加してくれていた人が抜けてしまったりと負のスパイラルに陥ってしまいます。

チームの代表として、あなたがしっかりと見極めるようにしましょう。

りょうむた
結局は人柄なのかもしれない・・・

 

実際に活動する

チーム練習

メンバーが集まったら、いよいよチーム活動の始まりです。

自分のチームだけで活動を行う場合は10~12人程度、他チームと一緒に活動する場合は5~7人程度集まれば、さっさと活動を始めましょう。

新しいチームということは、最初は単純にメンバー同士のコミュニケーションが必要になってきます。

フットサルのプレーどうこうではなく、人と人とのコミュニケーションの観点です。

これらは1回、2回と数をこなしていくことで深まっていくので、定期的に活動を繰り返すといいです。

人としてのコミュニケーションが深まれば、活動自体が楽しくなり、フットサルも楽しんで上達するようになります。

まずはキャプテンのあなたが率先してコミュニケーションを図りましょう。

定期的活動のためのスケジュール調整もお忘れなく。

他チームと一緒に活動をしたい場合は、メンバー募集にも使ったフットサルサイトで、チーム募集を行いましょう。

りょうむた
仲のいいチームができると定期的に一緒にできるからいい。

 

やってみればフットサルチームなんて簡単に作れる

屋内でフットサル

僕は「新しいチームを作ろう!」と思って行動を始め、3週間後には15人のメンバーを集めて活動を行いました。

やろうと思ってやってみれば、案外簡単にできてしまうんですね。

「チームを作る」なんて言うと大変なことのように感じますが、

「フットサル好きを集める」と考え方を変えればいいんです。

すると「簡単なこと」と感じて、そのためのアクションも起こせるようになります。

フットサルは楽しくプレーすることが1番です。

自分でチームを作ることでフットサルがさらに楽しくなるのなら、あなたもやってみてはどうでしょうか?

なにかを作ることは、単純に楽しいことでもあります。

あなたのフットサルライフが楽しくなるよう、「新しいチームを作る」という選択肢も持っておいてくださいね。

りょうむた
『チームを作る』という新しいことをやることで、思考の幅や視野が広がりました。

フットサル初心者に始め方を教える記事のアイキャッチ画像

社会人でフットサルを始めたい!初心者向けフットサルの始め方

2018年7月13日

スポンサーリンク

フットサルチームを作る方法の画像

ABOUTこの記事をかいた人

りょうむた(31) 福岡在住のオシャレ好き セールス/プログラマー/恋愛メディアwebライター 大手自動車メーカーに約4年→大手アパレルに約4年→大手電機メーカーGに約4年と謎に大手を渡り歩く。 その後、紆余曲折を経てプログラミングをやりながら、再び大手電機メーカーでセールスを担当することに。 ファッション・フットボールが大好き。 結婚願望ありで婚活スタート。 「まず自分が楽しむ」をモットーに思考・仕事・ファッション・恋愛ネタを中心に発信しています。