社会人でフットサルを始めたい!初心者向けフットサルの始め方

フットサル初心者に始め方を教える記事のアイキャッチ画像
スポンサーリンク

Pocket

どうも。サッカー好きのフットサルプレイヤー、りょうむた(@a_ryo_muta)です。

この記事を書いている今日、世間はワールドカップの真っ最中。サッカー界は大変盛り上がっております。

ところで、サッカーは世界的に人気のあるスポーツで有名ですが、近年『フットサル』も男女問わず人気が急上昇していることをご存知でしょうか?

僕自身、27歳からフットサルを始めて、今ではフットサル歴4年となります。

この4年間で様々な土地のフットサル場に行ったことがありますが、老若男女問わず本当に幅広い方がフットサルをやっていらっしゃいます。

そんな人気スポーツの『フットサル』、あなたも「始めたいなー」、「やってみたいなー」なんて思っていませんか?

でも「始め方がわからない」、「未経験だし上手くできないかも」、「そもそもルールもわからないし」といった不安から、中々始めることができない・・・

そんなお悩みをお持ちのあなた。大丈夫、ご安心ください。この記事で『社会人向けフットサルの始め方』を解説いたします。

フットサルは経験や年齢問わず、さらには性別も関係なくできるスポーツです。そして未経験者や運動神経に自信のない方でも、簡単に始められて夢中になれる素敵なスポーツでもあります。

フットサルに興味はあるけど、まだ始めることができていなかったあなた。この記事をきっかけにフットサルを始めて、フットサルを好きになっていただけたら嬉しいです。

りょうむた
フットサルは運動不足の解消にもピッタリ!

 

スポンサーリンク

フットサルとはどんなスポーツ?サッカーとの違いは?

フットサル シュート

フットサルといえば、

男性A
あ~、あの狭いコートでやる少人数サッカーね!

とよく言われますが、正式な定義は以下とされています。

・フットサルとは

ミニチュア版サッカー。1チーム5人で行い、国際大会の場合、タッチラインは40メートル、ゴールラインは20メートルと従来の約9分の1の広さのコートを使用。ボールはサッカーよりひと回り小さく、弾みにくい。

コートからボールが出ればキックインで再開し、オフサイドはない。コートが狭く、人数も少なく、スライディングタックルなどの強い接触プレーは反則となるため、キック力などよりも、トラップや小さいパスなどの個人技が求められる。1999年秋に、キックオフから直接得点できるなど、ルールの一部が改定された。

競技人口は世界で700万人以上といわれる。近年競技人口が急増、フットサル場も増えてきている。

引用元:コトバンク

ふむふむ、やはりミニサッカーという表現で間違えはないようですね。

ちなみに『フットサル』という名称の由来は、1994年にスペイン語とポルトガル語の『サッカー』と『室内』の共通部分を合わせて『フットサル』と名づけたそうです。

 

さて、少々堅苦しい説明になりましたが、本記事はこれからフットサルを始める方、いわばフットサル初心者に向けたものです。よって、フットサルついては以下のように簡単に知っておく程度で問題ありません。

初心者が知っておくべきフットサルの特徴とサッカーとの違い
  1. 5対5で行うミニサッカー
  2. コートが縦横ともに小さめ
  3. ボールが小さく重め、かつバウンドしにくい
  4. 相手へのスライディングは禁止
  5. オフサイドはないタッチライン(横線)を割ったらキックイン、ゴールライン(縦線)を割ったらスローインで再開
  6. キックイン、スローイン、フリーキックなどは4秒以内に行う
  7. ゴールキーパー(ゴレイロ)へのバックパスは制限あり
  8. 正式な試合は20分ハーフの前後半、選手交代の制限なし
りょうむた
軽く見て、なんとなくの理解で大丈夫!

 

フットサルに必要な道具を揃える

フットサル グッズ 道具

フットサルを始めようとするのなら、まず必要最低限の道具を揃えましょう。

あくまでも初心者向けですので、必要最低限で構いません(2回言いました 笑)。

では必要最低限の道具とはなんでしょうか?

  • 運動できる上下のウェア
  • 運動できるシューズ(室内用、屋外用の用途に合わせたもの)

そう、この2点だけ(厳密にいうと3点ですが)。シューズを含めて運動できる格好が整えばOKなんです。

大抵の方は運動できるウェアもシューズも持っているはずなので、新しく買い足すことなくフットサルを始めることができますね。

ただし、「それなりの格好がしたい」「あまり初心者感を出したくない」と考えている場合は、スポーツショップでフットサル用のウェアとシューズを購入することをおすすめします。

特にシューズは室内用と屋外用がありますので、あなたがプレイするコートに合わせて選んでくださいね。

 

初心者におすすめのフットサルウェア上下セット

 

 

初心者におすすめのフットサルシューズ(屋内用)

初心者におすすめのフットサルシューズ(屋外用)

りょうむた
初心者なら派手な色物より、ベーシックカラーがおすすめ。新しくフットサル用のアイテムを揃えると不思議とやる気も湧いてきますよー。

他のフットサルグッズはフットサル専門へGO!!


 

フットサルをやるための場所、コートを見つける

フットサルコート

フットサルができる場所は全国各地にあり、年々増加傾向にあります。

場所としては大きく分けて2種類あり、それぞれで料金帯が変わってきます。

  • 民間企業が運営しているフットサル施設
  • 各市が運営している市営の施設

それぞれコート利用で比較すると、1時間あたり〇〇円と設定されていますが、民間施設で5,000円~10,000円/h、市営施設で2,000円~3,000円/h程度です(地域で異なります)。

そしてフットサルのコートも2種類に分かれており、コートに合わせたシューズでプレイします。

  • 体育館などの室内コート
  • 人口芝などの屋外コートの

室内コートはフロアがメインですが、人口芝のところもあったりします。

また、屋外コートは人口芝以外にハードコート(土混じり)もあります。

初心者の方は、まず施設のホームページなどを見て雰囲気を見てみましょう。それと自宅から近いところに行った方がいいです。

実際のところ行ってみないとわかりませんが、とりあえず印象が良さそうなところに行ってみることをおすすめします。

りょうむた
初めての場合はどこのコートが良いかわかりませんが、何度か行くと自分に合う場所・コートかがなんとなく掴めてきます。

 

簡単にフットサルのルールを覚える

フットサル ルール

初めて参加する前に、簡単にルールを知っておくとスムーズにプレイすることができるでしょう。

ということで、覚えておいた方がいいルールを簡単に紹介しておきます。

若干、[初心者が知っておくべきフットサルの特徴とサッカーとの違い]と重複する部分もありますが、再確認の意味も込めてご覧ください。

初心者が覚えるべきフットサルのルール
  1. 1チーム5人 【内訳】フィールドプレイヤー4人、ゴレイロ(GK)1人
  2. 相手へのスライディング禁止
  3. オフサイドはなし
  4. タッチライン(横線)を割ったらキックイン
  5. ゴールライン(縦線)を割ったらスローイン
  6. キックイン、スローイン、フリーキックなどは4秒以内に行う
  7. ゴールキーパー(ゴレイロ)へのバックパスは制限あり

これだけ知っておけば、すぐにでもプレイ可能です。⑺は普通にプレイする分には気にしなくて問題ありません。

りょうむた
もちろん、ゴールキーパー(ゴレイロ)以外は手でボールを触ってはダメですよー。

 

実際にフットサルに参加してみる

フットサル 参加

初めて参加するときは、各フットサル場で行われている2種類の活動のいずれかに参加することがほとんどです。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを紹介していきます。

ちなみに参加できるフットサルチームやフットサル場をお探しの方は、LaBOLAスポーツやろうよ!で都道府県を絞って検索してみてください。

 

個人参加型フットサル(個サル)に参加する

各フットサル施設が独自で行っているフットサルの活動です。

「フットサルがしたい!」という人が参加し、その日集まった人たちでチーム分けを行ってゲームをします。

施設によっては曜日や時間帯などでレベル分けをしているところもありますので、自分に見合ったレベルから参加していくといいでしょう。

個人参加型フットサルのメリット
一人で参加できる

ゲーム感覚を養う練習になる

いろいろなフットサルプレイヤーと知り合える

初対面の人が多いので気を遣ってしまう

自己中心的なプレーをする人とチームになる可能性がある

連携が上手くいかない

 

社会人チームの活動に参加する

すでにチームとして活動しているチームに新しく参加します。

チーム探しはLaBOLAスポーツやろうよ!で可能です。多くのチームがメンバー募集をしているので、チーム紹介を読んで気になるところに参加してみましょう。

既存チームへの初参加は緊張しますが、実際参加してみるとチームの人たちが優しく迎え入れてくれます。今の時代はネット経由でフットサルチームを探す人も多く、いろいろなメンバーが出入りしているのでチームの方々も慣れているんですね。

 

フットサルチームにはエンジョイ志向と競技志向のチームがあり、それぞれで雰囲気が異なります。

エンジョイ志向はメンバーが男女ミックスの構成が多く、競技志向は男性のみ、女性のみの性別で分けられているチームが多くなっています。

定期的に参加できるようになる

活動ごとにメンバーと仲良くなれる

自分に合ったフットサルの活動が見つけられ、継続できる

社会人チームのデメリット
チームの雰囲気に合わせなければならない

独自のルールがあったりする

合わなければ辞める必要がある

 

フットサルに初めて参加するときの心構え

フットサル 初心者

初参加からある程度慣れてくるまでは、緊張や恥ずかしさで消極的になってしまうことが多く出てくることでしょう。

特にサッカー経験がない場合や運動神経に自信がない場合は、よりこの気持ちが強いと思います。

しかし、フットサルのみならずスポーツ楽しんでやることが大切です。そもそもプロでもない限りは、失敗してもなんの問題もないのです。

まずはフットサルを楽しみ、ボール慣れていくところから始めましょう。そして、ドリブルやシュートといったチャレンジも臆することなくトライしていきましょう。まずは運動量を意識するといいかもしれません。

りょうむた
競技志向のチームでない限りはミスしてもみんな笑ってくれます。ミスを繰り返して少しずつ上達していきましょう!

 

フットサル仲間を見つける

フットサル仲間 チームメイト

共にフットサルを始める仲間でもいいですし、すでにフットサルをやっている知人で一緒にプレイするフットサル仲間でも構いません。

とにかく一緒にフットサルをできる仲間を見つけるとフットサルをすることが楽しく、そして楽になります。

なぜかというと、フットサルはチームスポーツでもあるため、1人で参加することはできても1人でゲームをすることはできません。

ですので、仲間がいると好きなときにフットサルができるようになり、回数を重ねていくことで単純に楽しくなります。やっぱり気の合う仲間とやっていた方が楽しいですからね。

もちろん、初めての方と一緒にプレイすることも楽しいです。ですが、初めての人とプレイするときは少なからず緊張もします。気を遣うこともあるでしょう。

そういった観点から言うと、仲間と一緒にやっていく方が楽ではあります。さらにある程度仲間ができてくると違う楽しさも出てきます。

フットサルだけにとどまらない関係にも発展していくため、交友関係が広くなるでしょう。人としても成長ができるのはスポーツの魅力の一つであると言えますね。

 

フットサルは初心者でも簡単に始められるスポーツであり、男女問わず楽しめるスポーツ

フットサルコート ボール

今やフットサルは国民的スポーツといっても過言ではありません。老若男女多くの人たちがフットサルを楽しんでいます。

上手くプレーすることも大事ですが、まずは何よりもフットサルを楽しむことに重点を置きましょう。

そうしていると、周囲の人たちとも一緒に盛り上がってフットサルがさらに楽しくなってきます。すると不思議と上達もしていきます。

社会人になると身体を動かす機会が減ってきますが、そういう意味でもフットサルは手軽にできるいいスポーツです。

定期的な運動で素敵な仲間と健康的な身体をゲットしましょう。

 

チーム探しはLaBOLAスポーツやろうよ!へGO!!

フットサルグッズはフットサル専門へGO!!

スポンサーリンク

フットサル初心者に始め方を教える記事のアイキャッチ画像

ABOUTこの記事をかいた人

りょうむた(31) 福岡在住のオシャレ好き セールス/プログラマー/恋愛メディアwebライター 大手自動車メーカーに約4年→大手アパレルに約4年→大手電機メーカーGに約4年と謎に大手を渡り歩く。 その後、紆余曲折を経てプログラミングをやりながら、再び大手電機メーカーでセールスを担当することに。 ファッション・フットボールが大好き。 結婚願望ありで婚活スタート。 「まず自分が楽しむ」をモットーに思考・仕事・ファッション・恋愛ネタを中心に発信しています。