「仕事から逃げたい!」と思うのは危険な状態?逃げてもいい理由と楽になる考え方

仕事から逃げたい
スポンサーリンク

Pocket

「仕事が辛くて逃げたい」
「会社が嫌で行きたくない」

この記事は、上記のような悩みを持ったあなたに向けて書いています。

仕事って本当に大変ですよね。

仕事が合わない、人間関係が上手くいかない、上司が苦手。
どんなに嫌なことがあっても、毎日働きに行かないといけません。

ただ、そんな日々を繰り返していると、仕事から逃げたい!と思うこともあるはずです。

でも、逃げたいと思っても、なかなか逃げられないのが人間の性。
くわえて、逃げたいと思った自分自身を責めてしまうことすらもあるのではないでしょうか。

「逃げるなんてみっともない」
「仕事は辛くても我慢するもの」だと。

実際、僕もそう思って悩んでいた時期がありました。

ですが、本当に仕事からは逃げてはいけないのでしょうか?
どんなに辛くても我慢するべきなのでしょうか?

いいえ、本当に辛い仕事なら逃げていいんです。
「逃げたい」と思うのは、あなたの心が危険な状態にある証でもあるのですから。

そこでこの記事では、仕事から逃げてもいい理由と、消耗した心を楽にする考え方を解説していきます。

仕事から逃げたいと悩んでいるのなら、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

スポンサーリンク

仕事から逃げたいとき逃げてもいい理由

仕事・会社が合っていない

まずはっきりさせておくと、逃げたいと思うような仕事は、あなたに合っていません。
「仕事は辛いものだ」と刷り込まれた人には信じがたいことですが、世の中には自分に合う仕事をして生き生きしている人もいるのです。

実際、僕はさまざまな仕事・会社を経験してきました。
その中には、自分に合う会社、合わない会社があったのも確かです。

合う会社で働いていたときは毎日楽しくやりがいを感じていました。
ですが、合わない会社時代は毎日が辛く、いつも「辞めたい」と考えていましたね。

結局、合わない会社は辞めて今に至りますが、後悔はまったくしていません。
むしろ、今は楽しく仕事ができています。

この経験からお伝えしたいのは、合わない会社からは逃げてもいいということ。
合わない会社で働いていても、パフォーマンスも上がりませんからね。

 

想像以上に心身が蝕まれている

仕事をしていれば身体は疲れるもの。

ですが、合わない仕事となれば、その疲れは倍増します。
その上、過剰なストレスも伴うので、身体への負担は大きいと言えるでしょう。

嫌々仕事をしていれば、当然ですよね。

このような仕事は、あなたの身も心をも蝕んでいきます。
それも思っている以上に。

そんな仕事から逃げたいと思うのは、ある意味、正常な判断ができているということです。

気付いたときにはもう遅い。
そうならないためにも、自分自身が発している危険なサインを見逃さないようにすることが大切です。

 

無理を続けてもいいことはない

「仕事から逃げたい」と思っている状態では、想像以上に心身が蝕まれているとお伝えしました。
この状態を我慢して続けていくことは、はっきり言って危険です。

無意識の中で身体に無理をさせているため、いつ限界がきてもおかしくありません。
ある日ふとした瞬間に、糸が切れたかのようにダウンしてしまう恐れもあるのです。

「昼夜問わずバリバリに働いていた人が、急にうつ病になり廃人のようになってしまった・・・」

このようなケースはよく聞く話だと思います。
仕事から逃げられなくなった結果、働き続けることしかできず、ついには限界を迎えてしまったパターンです。

人は過度なストレスを与え続けると、簡単にダメになります。

仕事だからといって、無理を続ける必要はありません。
むしろ身体を壊すくらいなら、早々に逃げてしまう方が利口な判断ではないでしょうか。

 

プライベートまで楽しめなくなる

これは実体験で強く感じたことです。
逃げたくなるほど嫌な仕事をしていると、プライベートの時間までも楽しめなくなってしまいます。

仕事をしていないときや休日も、ふと仕事のことを考えてしまうときってありませんか?
そういったときに、一気にネガティブな気持ちに引きずり込まれてしまうんですよね。

で、一度考え出してしまうとなかなか抜け出せません。
友人と遊んでいても、お構いなしです。

そりゃあ逃げたくなるような仕事ですもの。
そんなにすぐに切り替えられませんよね。

僕の話でいうと、大好きなフットサルやサッカーも楽しめなくなっていました。
プレー中もふと考えてしまい、楽しめない上にミスの連発。

常に「仕事から逃げたい」「会社に行きたくない」が頭から離れませんでしたね。
このときは休日もリフレッシュできず、本当に辛い日々だったと記憶しています。

プライベートまで犠牲にするような仕事は、あなた自身を追い詰めます。
身も心もボロボロになってしまう前に、逃げ出す方があなたのためですよ。

 

仕事から逃げたいと思ったときに楽になる考え方

逃げたらダメは思い込み

世の中では、仕事にかぎらず「逃げる」ことを悪とする風潮があります。
どんなに嫌なことがあっても、我慢・耐えることが美徳とされているためです。

はっきり言いましょう。
そんなの古い考えをすり込まれただけの思い込みです。

その証拠に、仕事から逃げたらダメな理由を言える人はいないと思います。
仮にいたとしても、「常識的に〜」とか「社会人として〜」などの根拠のない精神論を振りかざしてくるだけでしょう。

だって逃げたらダメな理由なんてないんですもの。
逃げたいなら逃げていいんですよ。

逃げたことがない人は、「逃げたら人生がおわる」とまで過剰な思い込みをしているケースもあります。
ですが、逃げたら逃げたで、その後は新しい人生が始まるだけです。

逆に逃げたらダメと考えている人は、狭い世界で生きられなくなります。
どんなに辛い環境にいても逃げるという選択肢がないのですから。

「逃げたらダメ」は、周囲の考えに合わせただけの思い込みなんです。
そんな同調圧力に合わせることなく、自分の意志で行動しましょう。

 

仕事より大切なものはいくらでもある

この記事を読んでいるあなたは、人生における仕事をとても大切なことだと思っていますよね。

たしかに、生きていく中で仕事のウェイトは大きいです。
1日最低8時間、だいたい週40時間は働いていますから、自然とそういったマインドになると思います。

しかし、人生で1番大切なのは仕事ではありません。
なによりも大切にしないといけないのは、自分自身が幸せになることなのです。

逃げたいと思うような仕事を続けていても、幸せには近づきません。
むしろ、辛くなっていく一方です。

人生の目的が「自分が幸せになること」となれば、仕事より大切なものが見えてきますよね。

  • 自分が楽しいと思えるもの
  • 自分を楽しませてくる人々

上記2つを代表に、あなたを幸せに導いてくれるものは他にもたくさん存在します。

一言、「逃げ」といっても、逃げた先に幸せがあるのであれば問題ないのです。

決して仕事だけの人生に、また仕事が1番の人生にならないよう、幸せになるという目的を見失わないでくださいね。

 

他人の意見を基準にしない

あなたが仕事から逃げようとすると、周りの人間はいろいろな批判をしてくるでしょう。
中には人格否定のようなことを言ってくる人もいるかもしれません。

ですが、所詮は他人です。
他人の意見を間に受ける必要はありません。

今の仕事であなたが

  • どんなに辛い思いをしているか
  • 逃げたいと思うほど苦しんでいるか

そんなことを知る由もないのですから。

それに他人は無責任です。
「あなたのため」を謳ってきますが、実のところ、あなたのことなんて微塵も考えていません。

そもそも、自分のことは自分自身が1番考えているはず。
となれば、あなたが優先するべきは他人の意見ではなく、自分の意思です。

他人はあなたの人生の責任を取ってはくれませんからね。

 

自分の人生は好きに生きていい

自分で責任を負う覚悟さえあれば、好き勝手に生きるのも自由です。
人に迷惑をかけない範疇であれば、何をしても他人にとやかく言われる筋合いはありません。

むしろ、他人のことばかり気にしてしまう方が、よっぽど損な生き方ではないでしょうか。

たしかに、好き勝手に生きる道は、周囲の人を敵に回すことが多いかもしれません。
ですが、好きに生きて批判されるのであれば、それは仕方のないことだと思います。

それに全員が理解してくれないわけでもありません。
必ず応援してくれる人、味方になってくれる人もいます。

それなら、顔色を伺って批判されないようにするよりも、やりたいことをやって少数の人に応援される方がいいと思います。

仕事に関して言えば、逃げたいとまで思う仕事を続ける必要があるのでしょうか?
その仕事を続けることがあなたのためになるでしょうか?

仮に我慢して続けた先に得るものがあるのなら、続ける選択もアリだと思います。
しかし、ただ単に続けることが正解だと思っているのなら、考えを改めるべきです。

繰り返しますが、あなたの人生はあなたが好きに生きる権利があります。
たとえ、批判されるような「逃げる」選択を取っても、あなた自身がよければそれでいいのです。

 

仕事から逃げ続ける人生にしないために

仕事から逃げることは問題ないとお伝えしました。
むしろ、逃げたいと思うのなら、その仕事は辞めて次の道を模索するべきだとも思っています。

しかし、逃げたあとにも逃げ続ける人生になってしまうことは避けなければいけません。
あくまで「逃げる」という判断は自分が幸せに生きるための手段に過ぎないのです。

 

逃げたら『逃げたかった原因』を考える

では、逃げ続ける人生にしないために何が必要なのか?
ここで、前に逃げた経験が活きてきます。

逃げたいと思った仕事の何が嫌で逃げたいと思ったのか?を振り返ります。

逃げたいと思った理由を明確にすることで、次の仕事選びの基準を作ることができるのです。

  • 仕事内容
  • 人間関係
  • 残業が多い
  • ノルマがきつい

逃げたいと思った原因が必ず1つはありますよね。

その原因をもとに、やりたくない仕事をハッキリさせましょう。
やりたくない仕事を選びさえしなければ、逃げ続ける人生は回避できます。

 

いいかげんな仕事選びをしない

やりたくない仕事を避けることは当然ながら、いいかげんな気持ちで仕事を選ぶのもやめておきましょう。
「とりあえず次の仕事を決めなきゃ」と焦って決めてしまうと、また逃げたくなるような仕事に就いてしまう恐れがあるからです。

そこであなたに送りたいアドバイスは、自己分析をして自分の仕事に対する価値観を知ろうということ。

先に書いたやりたくない仕事以外にも、仕事選びの基準にすることができます。

  • 対人折衝が好き⇒営業・販売系
  • コツコツ作業するのが好き⇒製造系
  • 黙々と業務がしたい⇒事務系
  • 最先端の技術に触れていたい⇒IT系

こんな感じで、あなたに合った仕事選びができるのではないでしょうか。

まずはいいかげんな仕事選びをやめて、自分に合った仕事を探すようにしましょうね。
そうすれば、逃げたいと思うような仕事に就かなくて済みますから。

 

少しでも興味・関心が湧く仕事をする

あとは自分が興味・関心を持てる仕事を選ぶことが大切です。
なぜなら、興味・関心がある仕事からは「逃げたい」と思うことがないからです。

たとえば、あなたが今の仕事から逃げたいと思ったのは、嫌なことや辛いことといった苦難に耐えられなくなったからではないでしょうか。

では、これが興味・関心のある仕事だったらどうでしょう?

きっと苦難を目の前にしても、なんとか努力をして乗り越えようとするはずです。
もっと言えば、苦難を苦難と思うことなく、仕事に夢中になることすら考えられます。

 

いろんなことにチャレンジする

とはいえ、自分が興味・関心を持てる仕事がなんなのか?
ここがシンプルに難しいと思います。

しかし、解決法もシンプルです。

「少しでも興味があることにとりあえず手を出す」

これに尽きます。
色んなことに手を出して経験しているうちに、自分が興味を持てるものが何なのか、ちょっとずつわかってくるからです。

逆に頭で考えていても、答えは見つかりません。

結局、人は行動から学ぶもの。
経験なくして、仕事として興味を持てるものがわかるはずがないのです。

だから少しでも興味があることには、ひたすらチャレンジすることをおすすめします。
チャレンジを繰り返した先に、あなたが興味を持てる仕事が見つかるはずです。

 

逃げたい仕事からは逃げた方が人生は好転する

何度も書きましたが、「逃げたい」と思うような仕事からは逃げるべきだと思っています。

我慢して続けていても、辛い状況が続くだけですからね。
あまりストレスをかけ過ぎると、身体も壊しかねません。

その仕事を続けることで自分の目的や目標が達成できるのなら、辛抱することも必要です。
しかし、ただ我慢して続けているだけなのであれば、逃げることも選択肢に入れてみてください。

いくつかの会社から逃げてきた僕は、嫌な仕事から逃げたことで人生が好転しました。
もしあのとき、逃げずに我慢する道を選んでいたら・・・想像すると少しゾッとします。

「逃げる」と聞くとマイナスなイメージが思い浮かびますが、必ずマしもイナスになるとは限りません。
僕のように逃げることがプラスに働くケースもあります。
あと「仕事から逃げる」という選択肢を持つと、仕事を続ける上でも精神的に楽になるというメリットもありますからね。

最後になりますが、本当に辛い仕事なら逃げて構いません。
人生の一部に過ぎない仕事のせいで、人生が不幸になるなんて本末転倒です。

あなたが描く幸せな人生に今の仕事を続けている未来はありますか?

今、頭に浮かんだ答えがあなたの正直な気持ちです。
自分に嘘をつき続けることがないよう、後悔しない人生を歩んでくださいね。

スポンサーリンク

仕事から逃げたい

ABOUTこの記事をかいた人

りょうむた(31) 福岡在住のオシャレ好き セールス/プログラマー/恋愛メディアwebライター 大手自動車メーカーに約4年→大手アパレルに約4年→大手電機メーカーGに約4年と謎に大手を渡り歩く。 その後、紆余曲折を経てプログラミングをやりながら、再び大手電機メーカーでセールスを担当することに。 ファッション・フットボールが大好き。 結婚願望ありで婚活スタート。 「まず自分が楽しむ」をモットーに思考・仕事・ファッション・恋愛ネタを中心に発信しています。