涼感Tシャツで快適に過ごそう!日本伝統の技術を生かした『BIWACOTTON(ビワコットン)』の特徴と魅力を解説

スポンサーリンク

Pocket

どうも。服はもっぱら天然素材派、りょうむた(@a_ryo_muta)です。

あなたはBIWACOTTON(ビワコットン)を知っていますか?

安価な服やファストファッションが中心となっている今、化学繊維中心の服が増えていることはあなたもご存知のことでしょう。

そんな中、日本は滋賀県より、江戸時代からの伝統技術を生かした日本製のカジュアルウェアが誕生しています。

その名も『BIWACOTTON(ビワコットン)』。

天然素材であるコットン(綿)を100%使用。正真正銘日本製のカジュアルウェアです。

そしてこのBIWACOTTON(ビワコットン)、伝統技術を生かした独特の製法で

「身につける涼しさ」を実現しています。

言うならば、涼感ウェアということです。

りょうむた
はて?身につける涼しさとは一体・・・?

こう疑問を持ったあなた、その気持ちはすごくわかります。

ですが、BIWACOTTON(ビワコットン)の秘密を知るとその疑問は瞬く間に解決することでしょう。

ということで、本記事ではBIWACOTTON(ビワコットン)の魅力を解説していきます。

りょうむた
着るだけで涼しいのなら、蒸し暑い日本には最適や。

※サイズ・カラーはリンク先で選択できます

スポンサーリンク

BIWACOTTON(ビワコットン)とは

ビワコットンのホームページ画像

出典:BIWACOTTON STORE公式サイト

2017年6月、株式会社カイタックファミリーにより販売が開始された、新たなTシャツブランド。

すべてのアイテムがコットン(綿)100%となっており、且つ独特の製法で作られているため、涼しくて抜群の着心地が実現されています。

画像にもあるとおり、滋賀県で生まれたことから『BIWA(ビワ)』の名称がブランドネームに含まれています。

りょうむた
ちなみに会社の所在地は岡山県。

販売開始からまだ1年程度とブランドの歴史は浅いですが、独特且つ快適なアイテムの数々は雑誌やメディアに特集されたりと、徐々に注目を集めてきています。

また、女性誌を中心に活躍されているスタイリストの轟木節子さんも

「ビワコットンのサラッとした心地良さって、初めての感覚です! 」

と絶賛し、BIWACOTTON(ビワコットン)のプロジェクトに参加されています(対談をご覧ください)。

そんなBIWACOTTON(ビワコットン)は2018年8月より、滋賀に根ざしたブランドであることをPRするため、クラウドファンディングを使ったあるプロジェクトをスタートしています。

プロジェクト名は、「150年以上続く伝統産業の技術を活かしたTシャツ、ビワコットンを世界へ 」。

これから世界が注目するであろう、日本のカジュアルウェアです。

りょうむた
古き良き日本の伝統技術は、間違いなく世界に通用する。

 

“身につける涼しさ”の秘密はパジャマとステテコにあった

楽に着れるウェアの代表格といえば『パジャマ』と『ステテコ』ですよね。

風通しもよく、凹凸のある素材が肌にベタつかないため、ストレスフリーで着用できる万人に愛されるウェアです。

そんなパジャマとステテコに使われる有名な生地に「高島ちぢみ」というものがあります。

そうです、BIWACOTTON(ビワコットン)はここに目をつけて生まれたアイテムなんです。

高島ちぢみとは
琵琶湖の北西部に位置する滋賀県高島市で江戸時代から生産されてきた生地。
織物にシボと呼ばれる凹凸があり、吸湿性に優れ快適な着心地であることから、高温多湿な日本の風土に適した生地として長い間慕われてきました。
りょうむた
「高島ちぢみ」という伝統技術をベースに、現代風にアレンジしたカジュアルウェアがBIWACOTTON(ビワコットン)なのか。

ステテコに関しては、元々メンズ向けのものでしたが、最近はレディース向けにも販売されており、あのユニクロでも『リラコ(リラックスステテコ』と夏の人気商品になっていますね。

それだけ男女ともを魅了する生地で作られているのなら、快適なのも納得です。

りょうむた
抜群の着心地と現代風のオシャレを融合させた、ハイブリットなカジュアルウェアです。

 

BIWACOTTON(ビワコットン)3つの特徴が快適な着心地を実現

ビワコットンの製造過程

出典:BIWACOTTON STORE公式サイト

正真正銘のコットン100%

化学繊維はもちろん、コットン(綿)以外の繊維は一切使われていません。

服において、繊維は大事なベースとなる部分。

ここを疎かにしては、快適な着心地なんてあり得ません。

コットン(綿)という天然繊維だからこそ、抜群の着心地を実現することができるのです。

りょうむた
ポリエステル混の服なんて、蒸れて着れたもんじゃないよ。

 

清涼感のある生地

パジャマやステテコと同じように、あえて隙間を設けた生地を作られています。

これにより、風通しが良く、肌に張り付かないようになウェアとなっているのです。

この清涼感は一度味わってしまえば、やみつきになりそうです。

りょうむた
湿度の高い日本には最高の生地なのかもしれない。

 

特有のストレッチ性

普通コットン(綿)100%だと、ストレッチ性なんてありません。

伸びて、ほんのわずかといったところでしょうか。

しかしこのBIWACOTTON(ビワコットン)、コットン(綿)100%にも関わらず、特有の製法で作ることにより、まさかのストレッチ性を実現してしまったのです。

ストレッチ性があることで、着用によるストレスから解放され、軽やかな着心地が長続きするように作られています。

りょうむた
コットン(綿)100%にストレッチ性とは・・・まさに鬼に金棒。

 

各アイテムはメンズ・レディースともに展開、お値段は驚きの5千円程度

ビワコットンの定番アイテム 

出典:BIWACOTTON STORE公式サイト

BIWACOTTON(ビワコットン)のアイテムは、基本ユニセックスになっており、サイズでメンズ・レディースに分かれるようになります。

サイズ展開

1・2 = レディース

3・4 = メンズ

今のところアイテムの種類は、半袖Tシャツ・長袖Tシャツ・キャミソール・パンツの4種類。

りょうむた
キャミソールなど一部レディースのみのアイテムがありますが、それらのサイズ展開は1、2のみとなります。

また、お値段に関しては意外にも良心的。

どのアイテムを見回しても、5千円程度から9千円程度のものしかありません。

なんてユーザー思いなんでしょう。

りょうむた
天然繊維・日本製・伝統技術と特有な製法、これだけのスペックが揃っていて1万円を超えないとかあるの?

ビワコットンのパッケージ

なお、BIWACOTTON(ビワコットン)のアイテムはいずれも写真のようなパッケージに入れてあります。

こんな素敵なパッケージに入っているなら、プレゼントにも最適ですね。

りょうむた
このクオリティであのお値段・・・なんか日本が怖くなってきたよー(笑)

 

取扱店舗は国内一部とヨーロッパやアジア圏

現在、実店舗で取り扱いがあるのは以下エリアです。

東北エリア
宮城県
関東エリア
東京都・神奈川県
関西エリア
大阪府・滋賀県
中部エリア
広島県
海外エリア
ニューヨーク・ミラノ・香港

他には、期間限定のPOP UP STOREが不定期で開催されています。

りょうむた
我が九州福岡を飛ばして海外とは・・・悔しいけどすごい。

 

BIWACOTTON(ビワコットン)は今後注目必至のカジュアルウェア

#biwacotton#琵琶湖

BIWACOTTONさん(@biwacotton)がシェアした投稿 –

. まだまだ厳しい暑さが続いていますが 少しずつ秋も意識したい方にオススメ 轟木節子 さんとのコラボライン 「タートルネック ラグランスリーブ 」 冷房対策にも まだまだ暑い初秋にも 冬のインナーとしても とても重宝しますよ! …………………………………………………… クラウドファンディング挑戦中 通常価格よりお得に買える オンラインショップ用のクーポンも ご用意していますので クーポンゲットしてからの お買物がオススメです https://motion-gallery.net/projects/biwacotton-1st ご支援いただいた方 ありがとうございます! …………………………………………………… #motiongallery #biwacotton #ビワコットン #箱t #madeinjapan #滋賀 #琵琶湖 #ステテコ #素材 #涼しい #気持ちいい #心地いい #ハイネック #秋 #初秋 #長袖

BIWACOTTONさん(@biwacotton)がシェアした投稿 –


BIWACOTTON(ビワコットン)の魅力、お分かりいただけたでしょうか。

改めて特徴をお伝えすると、ステテコ素材のカジュアルウェアで抜群の着心地が実現されている、ということです。

2017年スタートのこのブランドは、今年に入りオシャレ男性のバイブル『BIGIN』に取り上げられたことで、人気が高まるのではないかと言われています。

現に、関東エリアを中心に期間限定のPOP UP STOREが開催されており、着実に注目度を高めています。

暑い時期のウェアに最適なことは言うまでもありませんが、秋~冬の時期のインナーにも大活躍すること間違いなしです。

今後、人気高騰による買い逃しがないように、今のうちに手に入れておきましょう。

りょうむた
半袖もいいけど、長袖も欲しい!

※サイズ・カラーはリンク先で選択できます

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

りょうむた(31) 福岡在住のオシャレ好き セールス/プログラマー/恋愛メディアwebライター 大手自動車メーカーに約4年→大手アパレルに約4年→大手電機メーカーGに約4年と謎に大手を渡り歩く。 その後、紆余曲折を経てプログラミングをやりながら、再び大手電機メーカーでセールスを担当することに。 ファッション・フットボールが大好き。 結婚願望ありで婚活スタート。 「まず自分が楽しむ」をモットーに思考・仕事・ファッション・恋愛ネタを中心に発信しています。